• ホーム
  • よく耳にする性感染症の梅毒が引き起こす様々な症状とリスク

よく耳にする性感染症の梅毒が引き起こす様々な症状とリスク

2020年05月23日

梅毒とは細菌によって引き起こされる性感染症であり、現代の抗菌薬普及によって医療の進歩と共に感染者数が減少してきた疾患です。しかし、平成の世の中になってから、梅毒患者は少しずつ増えていると言われています。背景にあるのがエイズウイルス感染などに伴う免疫不全症であり、感染しやすい状態になっている患者が増えていることが問題視されているなど他の性感染症との関係性も無視できない感染症が梅毒なのです。また、性行為だけでなくオーラルセックス、肛門性交などの疑似性行為によっても感染するリスクがあり、ホモセクシュアルの方にも感染者が多く出ている疾患でもあります。

この病気の症状は複数の段階に分かれています。まず、梅毒が感染した最初期は主に感染の原因になった部位に膿を出す瘤や潰瘍を形成します。皮膚の症状と共に、腹側のうち腰あたりの高さにあたる鼠径部にあるリンパ節が大きくなることも特徴的です。皮膚の下に硬い塊を感じるでしょう。

それから全身の皮膚やリンパ節に症状を呈します。全身のリンパ節があちこち腫れ、バラ疹という特徴的な皮疹を生じ、それが剥げるというエピソードを繰り返します。それでもまだ無治療のまま放置すると、筋肉や骨、顔面などにゴム腫という、大きく硬いできものを生じ、他人から見ても何らかの疾患が明らかな見た目となるでしょう。なおも放置を続けると神経梅毒といって脳などに症状を来たして、認知症症状を呈したり、脊髄にも病変を生じることで脊髄癆が生じる、などの重篤な症状を呈し死亡します。

ペニシリンという比較的有名な抗菌薬によって治療できる疾患でありながら、死のリスクがある疾患としても知られています。また、神経症状を呈することから、そこで万一上手く治療が出来たとしても、その後の生活に多大な影響を残すことは想像に難くありません。そのため、梅毒は可能な限り感染初期に治療を行う必要があるのです。

また、梅毒のもうひとつのリスクとしては妊婦に感染することで、胎盤を通して胎児に感染してしまうということです。先天性梅毒、と言われるこの疾患は、新生児に発疹や発熱などの症状を呈し、他にも肺炎や悪ければ発達障害など神経症状などといった合併症を抱えさせてしまいます。また、先天性梅毒は1歳未満の重大な死亡リスクのひとつである、と言われています。もし感染が疑われるのであればすぐにでも検査をする必要がありますし、妊娠の予定があれば尚更です。

関連記事
糖尿病や妊娠も原因の1つ?カンジダと免疫力低下の密接な関係

カンジダ症は、カンジダというカビの仲間の一種による感染症です。実はカンジダはそもそもヒトの肌に常在している真菌でもあり、性行為によって膣内に押し込まれた真菌が繁殖することによって、独特の見た目を持つ、カンジダ症へと移行してしまうことから性感染症の一種としてカテゴライズすることになります。カンジダ症の...

2020年06月22日
コンジローマに見られる症状と治療薬で気をつけるべき副作用とは

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスによる感染症であり、女性であれば外陰部や会陰、肛門周囲に先の尖ったイボを形成する性感染症です。ヒトパピローマウイルスは女性であれば子宮頸がんという恐ろしい病気の原因にもなるウイルスですが、尖圭コンジローマの原因になる型のウイルスとは別のウイルスが原因なので、尖...

2020年03月30日
トリコモナスはどんな症状があるのか感染経路とともに知っておく

トリコモナス感染症は、トリコモナス原虫という寄生虫によって起こされる感染症です。寄生虫と言ってもサナダムシのように目で見えるような大きさではなく、とても小さく肉眼ではなかなか観察できない寄生虫が原因で生じます。性交によって感染する可能性がある性感染症ですが、感染経路としては他にも衣類に付着した原虫が...

2020年04月16日
尖圭コンジローマの悪化を防ぐにはクリニックでの治療が最適

尖圭コンジローマはウイルスが原因で発症するイボをたくさん生じる疾患です。非常に感染力の強いウイルスが原因で起きる疾患であり、放置することで悪化することでも知られています。悪化した尖圭コンジローマは陰部のイボだけでなく、口腔内などの様々な粘膜にイボを形成することになり、治療に難渋してしまうのです。しか...

2020年05月06日
クラミジアの治療薬は通販で買えますか?価格も安いって本当?

クラミジア感染症の治療薬はマクロライド系抗生物質が主に使用されます。クラミジアなどの一部の細菌に効果を発揮する抗生物質ですが、特にマクロライド系抗生物質の中でもアジスロマイシンというものが一般的に処方されます。クラミジア感染症は軽症であれば一度投薬すれば治療が終了する場合も珍しくは無く、一度罹ったこ...

2020年03月10日
クラミジアの感染経路と主な症状にはこのような特徴があります

クラミジアは細菌の仲間であり、この細菌による感染症が日本では特に多い性感染症です。性器クラミジア感染症の感染経路は性行為によって性器に感染することですが、オーラルセックスによって咽頭に感染し咽頭クラミジア感染症を引き起こすとこがあります。特に咽頭感染例は性器感染症に比べて難治性である傾向があります。...

2020年02月29日