• ホーム
  • 糖尿病や妊娠も原因の1つ?カンジダと免疫力低下の密接な関係

糖尿病や妊娠も原因の1つ?カンジダと免疫力低下の密接な関係

2020年06月22日

カンジダ症は、カンジダというカビの仲間の一種による感染症です。実はカンジダはそもそもヒトの肌に常在している真菌でもあり、性行為によって膣内に押し込まれた真菌が繁殖することによって、独特の見た目を持つ、カンジダ症へと移行してしまうことから性感染症の一種としてカテゴライズすることになります。

カンジダ症の特徴は、膣や外陰部についたヨーグルトのような独特の白いおりものです。他にも外陰部が赤くなったり、痒みを感じたりすることもあります。パートナーに見て貰わずとも、下着におりものが付いたり外陰部の痒みを感じたり、と性感染症の中でも比較的自覚症状によって発症に気が付きやすい疾患でもあるのです。

カンジダ症の原因は免疫バランスの変化です。本来は微生物相互の拮抗作用や身体の免疫システムを用いて、勢いを抑え込めるはずの真菌の繁殖を抑え込めなくなるのが発症の原因であると言われています。まず多いのは妊娠によって膣内の状態が変化し、常在菌によって様々な微生物のバランスが保たれていた膣の環境が激変、炎症を起こしてしまうことです。同じ膣内の環境が変わる原因としては微生物を殺す抗生物質などの薬剤を服用することで、特定の種別だけ微生物がいなくなってバランスが崩れ、膣内の環境があれてしまうことも原因として考えられます。

膣内の環境の変化としては閉経によってエストロゲンが減少して、膣内の分泌物が減少してしまった場合などにも起こります。膣の粘膜は薄く変化し、炎症にも弱い状態になっているため、治療をしなければ膣や外陰部のヒリヒリ感を感じ続けることになるのです。

また、免疫の低下もカンジダの繁殖を抑え込めなくなる原因として考えられます。特に現代で多いのは糖尿病であり、糖尿病による免疫機能の低下もカンジダ症の原因です。特に、糖尿病は進行してしまうと神経障害を来たす場合があり、万一皮膚の知覚に障害が起こった場合には炎症が起きても、その痛みやヒリヒリ感に気が付かないまま経過してしまうかもしれません。

他にも、リウマチ治療中の患者さんであれば免疫抑制剤を服用している可能性があります。免疫抑制剤はリウマチなど自己免疫疾患の治療のためには飲み続けなくてはならないものですが、そのために身体がカビの繁殖を抑え込む力が無くなるのですから、もどかしいものです。自己免疫疾患の治療を行っているのであれば、カンジダ症をはじめとした感染症には特に気を付けなくてはなりません。

関連記事
コンジローマに見られる症状と治療薬で気をつけるべき副作用とは

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスによる感染症であり、女性であれば外陰部や会陰、肛門周囲に先の尖ったイボを形成する性感染症です。ヒトパピローマウイルスは女性であれば子宮頸がんという恐ろしい病気の原因にもなるウイルスですが、尖圭コンジローマの原因になる型のウイルスとは別のウイルスが原因なので、尖...

2020年03月30日
トリコモナスはどんな症状があるのか感染経路とともに知っておく

トリコモナス感染症は、トリコモナス原虫という寄生虫によって起こされる感染症です。寄生虫と言ってもサナダムシのように目で見えるような大きさではなく、とても小さく肉眼ではなかなか観察できない寄生虫が原因で生じます。性交によって感染する可能性がある性感染症ですが、感染経路としては他にも衣類に付着した原虫が...

2020年04月16日
よく耳にする性感染症の梅毒が引き起こす様々な症状とリスク

梅毒とは細菌によって引き起こされる性感染症であり、現代の抗菌薬普及によって医療の進歩と共に感染者数が減少してきた疾患です。しかし、平成の世の中になってから、梅毒患者は少しずつ増えていると言われています。背景にあるのがエイズウイルス感染などに伴う免疫不全症であり、感染しやすい状態になっている患者が増え...

2020年05月23日
尖圭コンジローマの悪化を防ぐにはクリニックでの治療が最適

尖圭コンジローマはウイルスが原因で発症するイボをたくさん生じる疾患です。非常に感染力の強いウイルスが原因で起きる疾患であり、放置することで悪化することでも知られています。悪化した尖圭コンジローマは陰部のイボだけでなく、口腔内などの様々な粘膜にイボを形成することになり、治療に難渋してしまうのです。しか...

2020年05月06日
クラミジアの治療薬は通販で買えますか?価格も安いって本当?

クラミジア感染症の治療薬はマクロライド系抗生物質が主に使用されます。クラミジアなどの一部の細菌に効果を発揮する抗生物質ですが、特にマクロライド系抗生物質の中でもアジスロマイシンというものが一般的に処方されます。クラミジア感染症は軽症であれば一度投薬すれば治療が終了する場合も珍しくは無く、一度罹ったこ...

2020年03月10日
クラミジアの感染経路と主な症状にはこのような特徴があります

クラミジアは細菌の仲間であり、この細菌による感染症が日本では特に多い性感染症です。性器クラミジア感染症の感染経路は性行為によって性器に感染することですが、オーラルセックスによって咽頭に感染し咽頭クラミジア感染症を引き起こすとこがあります。特に咽頭感染例は性器感染症に比べて難治性である傾向があります。...

2020年02月29日