手のひらにある錠剤

STD、つまり性感染症は性交によって感染することのある伝染病です。その原因は細菌であったり、ウイルスであったり、はたまたカビや寄生虫であるなど様々ですが、その代表的なものと症状について知っておきましょう。知らず知らずのうちに感染をパートナーに広げないための配慮として、STDの種類について詳しくなることは大切です。

細菌が原因となる性感染症で代表的な感染症は性器クラミジア感染症です。男女とも罹患者数が全ての性感染症で最多であり、最も一般的な性感染症であると言えます。自覚症状が男女ともに乏しく、症状からは感染を疑うことが難しいです。しかし、女性の場合は子宮や卵管などのお腹の中の臓器に広く炎症を起こすことがあります。そうなった場合は、下腹部痛と性器からの不正出血を認めますが、この子宮の炎症が不妊の原因になることもあるので注意が必要です。

また、細菌が原因である淋菌感染症も男性ではクラミジア感染症に次いで多い性感染症です。男性は尿道の炎症を引き起こして強く症状を引き起こす一方で、女性はおりものが少々膿っぽくなる程度に症状が留まることが多く、知らずにパートナーに感染させている可能性がある感染症です。女性でも腹痛など強い症状を示すことがありますが、それは子宮などの臓器や腹膜に炎症を広げてしまったケースです。赤ちゃんにも影響を示す可能性がある感染症なので、気が付いた場合は早めに治療しなくてはなりません。

カンジダ症はカビの仲間が原因になる性感染症です。女性に多く発症し、外陰部に白いヨーグルトのようなおりものが付着する、というのが特徴です。カンジダは実は皮膚や膣に常に存在するカビの一種なのですが、カンジダ症を引き起こすほどに増えるのは体調を崩すなどの免疫低下が背景に考えられます。

ウイルスによる感染症で有名なのが性器ヘルペスです。口に出来るヘルペスの原因となるウイルスの類縁種が原因となり発症します。一度治療をしても、免疫力の低下があると同じ箇所に再発してしまうのが特徴であり、水疱の形成が多数見られます。水疱が多発した場合にはこのウイルスの存在を疑ったほうがいいかもしれません。

以上の紹介したSTDはほんの一部分に過ぎません。性行為を契機に感染することがある感染症の種類は大変多く、しかも無症状で経過するものも少なくないのが厄介なところです。しかし、しっかりと原因を見定め、適切な治療を早期に行えば多くのSTDは治療することが出来ます。怪しい、と思った場合は保健所で無料の検査が受けられます。パートナーに感染させないために、感染の有無を把握する、という配慮は必要でしょう。

記事一覧
糖尿病や妊娠も原因の1つ?カンジダと免疫力低下の密接な関係

カンジダ症は、カンジダというカビの仲間の一種による感染症です。実はカンジダはそもそもヒトの肌に常在している真菌でもあり、性行為によって膣内に押し込まれた真菌が繁殖することによって、独特の見た目を持つ、カンジダ症へと移行してしまうことから性感染症の一種としてカテゴライズすることになります。カンジダ症の...

2020年06月22日
コンジローマに見られる症状と治療薬で気をつけるべき副作用とは

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスによる感染症であり、女性であれば外陰部や会陰、肛門周囲に先の尖ったイボを形成する性感染症です。ヒトパピローマウイルスは女性であれば子宮頸がんという恐ろしい病気の原因にもなるウイルスですが、尖圭コンジローマの原因になる型のウイルスとは別のウイルスが原因なので、尖...

2020年03月30日
トリコモナスはどんな症状があるのか感染経路とともに知っておく

トリコモナス感染症は、トリコモナス原虫という寄生虫によって起こされる感染症です。寄生虫と言ってもサナダムシのように目で見えるような大きさではなく、とても小さく肉眼ではなかなか観察できない寄生虫が原因で生じます。性交によって感染する可能性がある性感染症ですが、感染経路としては他にも衣類に付着した原虫が...

2020年04月16日